ドコモ・システムズ株式会社は、クラウドアグリーメント契約またはエンタープライズ契約/ MPSAによる
Windows仮想マシンを専用ハードウェアまたはマルチテナントハードウェアでホストする権限をマイクロソフトより付与された認定パートナー(QMTH)です。


さらに、共有コンピュータのアクティベーション(SCA)テクノロジを使用して、Office 365 ProPlus(E3およびE5を含む)、Project Online Professional、およびVisio Pro for Office 365サブスクリプションをドコモ・システムズ社のマルチテナントハードウェアにホストする権限も与えられています。


※マイクロソフトのQMTHプログラムの詳細については、こちらをクリックしてください。

Windows 10仮想化および、Office 365 ProPlus、Project Online Professional、およびOffice 365用Visio Proの共有コンピュータのライセンス認証の利点

Windows 10仮想化および、Office 365 ProPlus、Project Online Professional、およびOffice 365用Visio Pro用のSCAは、選択肢と柔軟性を提供します。
両方とも、クラウドへの展開時に既存のWindows10およびOffice 365のライセンス投資を活用することができます。
お客様は、オンプレミスまたはドコモ・システムズ株式会社の共有データセンターの環境を選択できます。


ドコモ・システムズ株式会社は認定QMTHパートナーで、

  • Office 365 ProPlus
  • Project Online Professional
  • Office 365用Visio Pro

および認定済みWindows 10製品を、お客様が選択されたドコモ・システムズ株式会社が提供するクラウドインフラストラクチャソリューションに展開することができます。

マイクロソフトボリュームライセンス(VL)プログラムで購入したWindowsライセンスにはQMTHの仮想化の権利が含まれていますか?

2017年8月1日現在、マイクロソフトボリュームライセンスで購入した以下のWindowsライセンスには、現在、認定マルチテナントホスティングの仮想化の権利が含まれています。

  • ・Windows 10 Enterprise E3およびE5(per User with SA)
  • ・Windows 10 Enterprise E3およびE5 VDA per User

マイクロソフトクラウドアグリーメントで購入したWindows購読の中には、仮想化権が含まれますか?

2017年9月6日現在、以下のWindowsサブスクリプションには、ドコモ・システムズ株式会社が管理するデータセンター内の専用ハードウェアおよびマルチテナントハードウェアの仮想化権が含まれます。

  • ・Windows 10 Enterprise E3およびE5(with VDI)
  • ・Windows 10 Enterprise E3 VDA
  • ・Microsoft 365 Enterprise(以前のSecure Productive EnterpriseまたはSPE)E3およびE5

SCAをサポートするOffice 365製品はどれですか?

SCAモードは、以下製品でサポートされます。

  • Office 365 ProPlus

Office 365 ProPlusを含むすべてのOffice 365プランは、SCAを使用できます。

お問合せ

Windows10仮想化とSCAについては、ドコモ・システムズ株式会社迄お問い合わせください。